読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臨床心理士みるの療養手帳

脳腫瘍になり、2016.11.14オペをしました。その前とその後の記録です。

ふんわりなら、クリームチークよりパウダーチーク

 

https://www.instagram.com/p/BD2sp0AGMjQ/

パウダーチークをブラシでふんわりが好きです。

 使用しているのは、コフレドールのパウダーチーク(ピーチ)です。
 これの前は流行のクリームチーク(ヴィセのもの)を使用していましたが、指でポンポン…よりもブラシでのせるほうが好みでしたので、パウダーに戻しました。
   使い方は、中央の色の濃いところを頬に。まわりの明るいところをハイライトとして使用しています。カラーは淡いけれどキラキラしてるので、意外と存在感があり気に入っています。DSで気軽に手に入りますし、このチークのケースは中ぶたがしっかりとしていて、フィルムとかではないので扱いやすいです。サイズはちょっと大きいのですが…もう一回り小さいと持ち歩きが楽ですね。色はピンクのほうも気になっています。

美容家の神崎さんの言葉

 以前、美容家の神崎さんが「メイク直しを一か所だけできるとしたらチークを直す」と番組でお話されているのを見ました。今までの私ならパウダーをはたく、だったのでびっくりしたのですが、それくらいチークは大切な存在なんですね。

私のチークの入れ方

  私のチークの入れ方は神崎さん流ではなくて、雑誌で見た3本のかぎづめ型でもうすこしこじんまりとしています。ブラシは付いているものではなく、熊野筆のものを使用しています。

 

熊野筆 メイクブラシ KUシリーズ チークブラシ 小 馬毛

熊野筆 メイクブラシ KUシリーズ チークブラシ 小 馬毛